2016年10月29日土曜日

マリラ・ジョナス Maryla Jonas

◆Chopin - Maryla Jonas (1946) Various Mazurkas




ーーこの冒頭のマズルカ Op 68 No 3は格別の演奏だな


ライナーノーツによると、彼女は、1920年、9歳でデビューし、1926年頃からは全ヨーロッパでリサイタルを開くようになります。しかし1939年、ナチス・ドイツのポーランド侵攻によって、演奏活動は中断、彼女は強制収容所に収監されてしまいます。7か月以上収監された後、マリラ・ジョナスの演奏を聴いたことがあるドイツ人高官の手助けを得て脱走、徒歩で数か月かけてベルリンのブラジル大使館まで逃亡し、ブラジルへ亡命します。その後、アルトゥール・ルービンシュタインに見出され、1946年にアメリカでのデビューを果たします。このリサイタルを聴いたニューヨーク・タイムズの評論家が彼女を絶賛し、次第に人気がでるようになりますが、厳しい収容所生活のせいもあり、1959年にわずか48年の生涯を閉じてしまいます。マリラ・ジョナス(Maryla Jonas, 1911~1959年)

◆Maryla Jonas plays Mendelssohn Song Without Words Op.102 No.4




※Pianist: A Biography of Eugene Istomin,James Gollin、2010




◆Maryla Jonas plays 5 Chopin Nocturnes