2018年7月12日木曜日

エリック・ロメールと遠くからやってくるもの




いやあ、エリック・ロメール『クレールの膝』のこのシーンはやっぱり限りなくいいな。ボクにとっては「遠くからやってくるもの」(シューマン)だね、14才のボクがいるんだ、ここには。

ロメールが齢をとってからの作品『海辺のポリーヌ』も観てみたが、こういった震えるイマージュはないな、あの作品のアジサイは限りなく美しいけど。